nhvcudvhsdv

助産院へ転職するためのコツ

助産院には個性がある

ncusdihfdf

最近では産婦人科のクリニックなどでも、
個性的なクリニックは増えてきました。
でも、助産院はさらに個性があふれた職場です。

 

・より自然なお産にこだわっている助産院
・アロマやリフレクソロジーなど、
ママたちのリラクゼーションに力を入れている助産院

・家族ぐるみでお産に挑もうとするアットホームな助産院
・食育など産後の先を見据えている助産院
・子どもたちの性に関する教育を積極的に行う助産院

 

さまざまですよね。

 

助産院は助産師たちの考え方によって
かなり柔軟な運営をしていることが多くなります。

まず、助産院へ転職するときには、
どのような助産院がいいのかははっきりとさせておく。
これはとても大切になります。

 

助産師+アルファの資格があると有利

 

助産院には様々な特徴があるケースが多くなります。

この助産院の特徴に合わせた資格を
助産師免許以外に持っていることも、
実は助産院への転職には有利になってきます。

 

アロマケアに力を入れているのであれば、
アロマテラピーの資格があればより有利です。

マタニティヨガのクラスを持っている助産院なら、
ヨガインストラクター資格を持っていると有利です。

 

このように+アルファの資格を取得して、
助産院にとって+になる人材であるということを
積極的にアピールできるといいですよね。

 

自分に合った助産院を選ぶ

nhvcudvhsdv

助産院は個性的な場所も多いので、
自分がこんな助産院が理想と考えているところに
応募するということは非常に重要です。

とりあえず助産院がいいと何も考えずに選ぶと、
自分が考えている助産の考えと異なるために
結局転職をまた考える事になる。

 

ということもあります。

 

助産院側も、自分たちの考え方に賛同してくれる
助産師さんを求めているという都合があります。
意見が合致している方が採用されやすくなります。

採用のミスマッチが起こらないようにすることは、
転職を成功させるためには必要なことになります。

 

その助産院で何をしたいのかを明確にしよう

 

助産院では助産師たちそれぞれが
どんな助産師として活躍して行きたいのか
ということを明確な意思をもっている。

という人が多くなります。

 

看護職の中では唯一開業権を持っている助産師は、
大きな助産院である程度の経験を積んだ後、
個人で助産院を開業したいという人もいます。

向上心が多い方が助産院には勤務している
ということも多いんです。

 

同様に助産院に勤務するには、
向上心を求められるというケースもあります。

数少ないスタッフで助産院は成り立っているので、
一人一人が向上心を持ってしっかりと仕事に取り組む
ということはとても大切になってきます。

 

助産院側ではこのような気持ちを持っている
助産師を求めているということを考えて
応募すると転職も成功しやすいですよ。

jfoijeif

助産院の給料や労働条件

実際の助産師の求人をチェック

jfoijeif

助産院の給料や労働条件を知るには、
やはり実際の求人情報をチェックする。
というのが手早いですよね。

東京都の助産院での求人をチェックしてみましょう。

 

まず常勤勤務の場合には、
基本給は28万円程度、賞与は年2回です。
パートタイムの場合には時給1700円です。

この他に分娩、残業、夜勤の各種手当と
交通費が支給されます。
常勤の場合には各種社会保険もあります。

 

勤務時間は基本としては9:00~17:00
ですが、分娩が入ると夜勤や当直などの
勤務が発生します。

 

残業や夜勤の手当てがある

 

実際の求人をチェックしていくと分かることは
幾つかありますよね。

まずは残業や夜勤の手当てがあるという点です。
つまり、助産院での助産師の仕事は、
残業や夜勤があることが想定されています。

 

助産院は少数の助産師で運営することが多く、
一人の妊婦さんに対して一人の助産師が
最初の診察から出産、退院、そして産後ケアを担当する。

ということは多くみられる形態です。
つまり、担当する妊婦さんのお産が近づけば
やはりそのケアを担当する助産師が行います。

 

お産はいつ始まりいつ終わるか分かりません。
助産院ではより自然なお産をということで、
長い陣痛を耐える妊婦さんもいます。

助産院ではこのようなケースでも
担当する助産師が一緒にお産を支え、
そして分娩介助をしていきます。

 

そのため、残業や夜勤などがあるケースも
多くなっていますが、
担当する妊婦さんの数自体は多くありません。

そのため、産科勤務の助産師に比べると
比較的予定は立てやすいんですよ。

 

お産以外の業務の場合も

hsjdhfjsf

助産院ではお産以外の業務も行っています。

例えば、これから赤ちゃんを迎えるお母さんの
メンタルケアとしてヨガやアロマテラピーなどを
取り扱っているという助産院もありますよね。

 

助産院の中にはこのようなヨガやアロマの
知識を持っている助産師に対して
プラスの手当を支給しているというケースもあります。

当然ですが、その分ヨガやアロマといった業務も
発生してきます。

 

中には食育についてとても熱心に行っている
助産院などもあり、そのような助産院では
実際に調理などを行うケースもあります。

お産以外の業務を行うために、お産に立ち会う
助産業務が少なくなるケースもあるようです。

 

お産がなければ日勤のみで定時退社もできる

 

助産院の場合には、ある程度計画的に
仕事を進めていくこともできます。

担当する妊婦さんのお産がまだ先という場合には
日勤のみで定時退社することもできる。
という助産院も多くあります。

 

普段は産科に比べると穏やかな時間が流れ、
お産以外のさまざまな仕事もその合間に行う。
そんな助産院が多いんですよ。

ただ、助産院の労働条件は、その助産院ごとに
大きく変わることがあります。

 

また、給料もその助産院の規模によって
大きく変わることも多くなります。

実際に勤務してみてこんなはずじゃなかった。
ということがないように、事前の職場見学や
労働条件や給料のチェックは応募時にしましょう。

nfuihuihkf

助産院の求人の数と就職の難易度

助産院は少ない?

nfuihuihkf

助産院は正式には助産所といいますが、
日本にはどのくらいの助産所があると思いますか?

すこし古い統計ではありますが、
平成21年地域保健医療基礎統計という
厚生労働省の統計をチェックしてみました。

 

この統計では平成20年12月31日現在で
788件の助産所があり、
そこで就業する助産師は27,789名である。

となっています。

 

助産所は平成18年に683件まで落ち込みましたが、
その後回復してきて今現在はもう少し増えている。
と言われています。

そして、1件の助産所には
だいたい3.5名程度の助産師が勤務している
ということになります。

 

助産所はもともと少人数で運営されている
ということも多くなります。

 

少数精鋭な助産院

 

助産所はもともと妊婦や産婦、
そしてじょく婦を10名以上入所させるような設備を
もつことが許されてない施設です。

当然ですが、そのような小さな施設で働く助産師は
決して大人数必要になることはありませんよね。

 

大規模な助産院でも、
10名程度のスタッフで運営していて、
そのうち8名程度が助産師。

というくらい、決して助産院は多くのスタッフが
携わっているというわけではありません。

 

つまり、少数精鋭の助産師で運営される
ということが多いため、どうしても助産師自体の求人も
少なくなってきてしまうんです。

 

助産院に勤務するのは難しいの?

weuihfjdf

数少ない助産院、
そして少数精鋭で勤務している助産師。

この状況からうすると、求人は少なく、
さらに就職の難易度は高い
といえますよね。

 

既存の助産院の求人はとても少ないものです。
助産院側も少数で働く都合上、
より厳しい就業条件を持っている可能性もあります。

そうなると、助産院で働きたいと思っても
就職するのはとても難しいのではないかと感じます。

 

でも、助産院も助産師を育てていかなければ、
やがてその助産院自体が高齢化の波によって
閉院をせざるを得ない状態が起こってしまいます。

そこで、若手の育成というのはかならず
行う必要があるため、経験の浅い助産師でも、
積極的に雇用することもあります。

 

助産院での勤務を希望するのであれば、
この助産師育成のために雇用しようとする助産院を
探すということが必要になってきますよね。

 

助産院の仕事を効率よく探すには?

 

助産院の助産師の雇用が全くないということではない。
けど探すのは大変かも。

それが助産院の求人の実態といえます。
では、この助産院の仕事を効率よく探すには
どうしたらいいのでしょうか。

 

看護師専門の転職サイトを利用してみる。
というのはおススメの方法になります。

ただ、ここで一つ気を付けていただきたいのは、
助産院はかなり個性的な特徴を持っている。
というところも多いということです。

 

特色が強い助産院の場合には、
自分が考えている助産の仕事とは違った。
と感じてしまう助産師も多くなります。

転職サイトを利用して助産院の求人を探す場合でも、
とりあず見つけたから就職しよう焦らずに、
その助産院の特色をよくリサーチしてからにしましょう。

mcnhvugiosjf

助産院での助産師の仕事とは?

助産院での仕事

mcnhvugiosjf

助産師が働く職場の一つに助産院があります。
助産院は助産師が単独で開院することが出来る
助産施設ですよね。

この助産院での助産師の仕事というのは、
正常分娩の介助
がメインにはなってきます。

 

しかし、それ以外にもさまざまな業務を
行っているんです。

 

・妊娠中の女性や家族のケア
・産後の女性のケア
・育児に関する情報の提供やケア

・新生児の予防接種プランの作成
・子育てに関する相談
・産後のメンタルケアや身体のケア

 

・これから妊娠出産を控えている方の相談

などになります。

 

出産以外にもすごくいろいろな仕事があるんです。

 

助産師は女性の一生をサポートする

 

助産師の仕事はもともと女性の一生をサポートする
そんな仕事ですよね。

病院で働く助産師の場合には、
どうしても産科で働くことが多くなります。

 

基本的には妊娠している女性に対するケア
産後直ぐの女性のケアや新生児のケア
というものが仕事の中心です。

でも、助産院の場合には、
助産師として女性の一生のサポーターとして
活躍するということもできるんです。

 

まだ妊娠や出産をするわけではない幼児への
いのちの教育などを積極的に行っている
そんな助産院もあります。

そのような助産院では、
助産師が子どもたちへの命の授業などを行う
とう仕事を行うこともあるんですよ。

 

親にはできない相談を受け付ける場所

iuwurhker

とある助産院では、
みんなで生命や生むこと、性というものなどを
考えるきっかけづくりをする場所。

とその助産院の位置づけを行っている。
という助産院があります。

 

こういう助産院では、妊娠中の女性だけではなく、
実に様々な人が訪れるケースもあります。

思春期にあたる少女や少年たちが、
親にはできない性に関する相談をしに来る。
そんな助産院もあります。

 

そのような助産院では、子どもたちに正確に
性に関する情報を提供して相談に乗るという
仕事をすることもありますよ。

 

メインは妊娠・出産・産後のママケア

 

さて、さまざまな仕事が助産院で働く助産師には
あるということは分かるかと思いますが、
やはりメインは妊娠・出産・産後のママケアです。

妊娠・出産をする女性は初めての方は
とても不安に思っている方も多くいます。
2回目、3回目のママでも不安なんです。

 

そんな不安なママたちをサポートしながら、
自然な出産を介助するのが助産院の助産師です。

小さな助産院では、そんな助産を行うために
助産院を運営することも仕事になることもあります。

 

忙しい助産院での助産師の仕事ですが、
その助産師さんの様子によって、
妊産婦の女性の心理は左右されてしまいます。

助産師はそれをしっかりと考えて、
大変な仕事でもあってもゆとりをもって
勤務することが求められる仕事になりますよね。

wyuerhb

助産師の転職の方法とは?

助産師が転職するには?

uehjksnhfd
助産師の職場というと、すぐに思い浮かべるのが
助産院や病院、診療所といった出産が出来る病院や
施設ですよね。

もちろん、助産師が転職をする先としては
これらはとても人気がある職場になっています。

 

産科のある病院であれば、
最先端の医療技術に触れながら
分娩介助に携わることができます。

助産院では助産師が主体となって
出産を行う妊婦さんと協力をして
自分たちが理想とする出産を実現させることができます。

 

診療所での勤務は大きな医院の産科病棟とは異なり、
診療所ごとに特徴があるお産を医師とともに
助産師が手助けをすることになります。

まずは妊婦さんが分娩をするにあたり、
どのような関わり合いを持ちたいのかなどを
しっかりと考えてみること
が大切ですよね。

 

働くスタイルを考える

 

助産師の職場はどうしても24時間対応が求められる
という職場が多くなってきます。

出産というのは時間を選びませんし、
中には陣痛が始まってから長時間にわたって
出産に挑む妊婦さんもいます。

 

助産院ではこのようなケースでは、
一人の助産師がつきっきりで対応をする
ということもありますよね。

逆に診療所や大きな産科病棟などでは、
時間勤務によってそのときにいる助産師が
分娩の介助にあたるというケースもあります。

 

最近では診療所や産科病棟では、
夜勤専従の助産師を募集しているケースもあります。

転職活動をする前に
まずはどのような働くスタイルがいいのかを
考えておく必要がありますよね。

 

分娩以外の働き方もある

wyuerhb
助産師と言えば分娩介助がメインの仕事
と思いがちかもしれませんが、
実際には分娩以外の働き方もあります。

たとえば地方自治体の保健所や保健サービス
といった公務員として働くという方法
もあります。

 

助産師の養成学校の教員となって働く
働き方もあります。

不妊治療のクリニックなどでは、
分娩ではない分野でこれから妊娠したいと望む
ご夫妻のバースプランを一緒に考える。

 

という仕事もあるんです。

転職をするにあたり、このような分野で働くことも
考えてみてもいいですよね。

 

まずは自分の意思をしっかりともとう

 

助産師が転職をする時には
先ほど上げたようなことをよく考えてみてくださいね。

ただ、一つ助産師を必要としている職場は
とてもたくさんあります。

 

現在は医療ミスの訴訟などを恐れて
産科を廃止している病院も多く、
診療所などを開院している産科医も減っています。

女性たちが安心して出産が出来る施設として
助産院はとても注目されている施設です。

 

助産院は以前に比べて決して増えているとは
言えませんが、経験を持つ助産師を育てよう
としている助産院は増えてきています。

助産師となった時の気持ちを思い返し、
考えてみることも大切
ですよね。

 

助産師が転職をしようと思ったときには
思いのほか沢山の選択肢があります。

その中からぜひ、自分に合った転職先を
探し出してください。

poiuhjn

助産院の求人募集は少ない?

助産院って

kjndjuhf
 

お産は病院で。
昔に比べるとこの傾向はとても強いのですが、
一方でより自然なお産を考えて助産院で産みたい。

このように考えている妊婦さんも増えてきています。

 

また最初の子どもは病院で出産したけど、
2人目、3人目は助産院で家族と共に
新しい命を迎え入れたいという人も増えています。

看護師の上位職でもある助産師は、
この助産院を開院することが出来ますよね。

 

実際に助産院を開院している助産師も多くいますし、
将来的に助産院の開院を考えているという
助産師さんもいると思います。

でも、最初は助産院で働いてみて、
そのノウハウを知り、経験を積んでおきたいという
助産師も多いのではないでしょうか?

 

でも、助産院での求人はあるの?

 

助産院は比較的それぞれの助産師の考え方によって
運営をされているケースが多くなります。

昔は個人の助産師が開院していた助産院がおおく、
一人で経営も運営をしているために、
助産師を雇うという助産院は少なかったんです。

 

でも、現在は複数の助産師を抱えている
規模の大きな助産院も増えてきています。

このような規模の大きな助産院であれば、
助産師の求人も行われていますので、
探してみる価値はあると言えますよね。

 

ただ、やはり純粋に助産院だけで求人を探してみると
比較的少ない数になってしまう
というのが
実情ではあるんです。

 

病院内助産院

poiuhjn
 

純粋な助産院ではなく、
最近では病院内に助産院が開設されている。
というケース
もあります。

これは病院に通院してきている妊婦さんの中で
希望があれば病院ではなく助産院で出産をすることが
可能になっているという施設です。

 

分娩中に異常があれば、
助産院事態が病院内にあるためにすぐに医師による
適切な医療を受けることが出来るという点で人気です。

このような病院内助産院では、
かなり積極的に助産師の採用を進めている
という施設もあるんですよ。

 

このような助産院は助産師としても
医師がすぐ近くに控えているという
とても心強い状況なのでおすすめですよ。

 

探してみればかなりある?

 

産婦人科の病院に比べると確かに
助産院での助産師の求人は少な目ではあります。

でも、実際に探してみると、以外にあるんです。
ただ、表立っての求人が少ないんですよね。

 

そう、表立っての求人が少ないということは、
看護師専門の転職支援サイトなどを利用して
非公開求人をチェック
すればいいんです。

看護師・助産師の免許があり、
助産院で働いてみたいということであれば
そのことを担当者に伝えてみてください。

 

助産院ごとにさまざまな特徴もありますので、
自分に合った助産院を探してもらうことが
できますよ。ぜひ試してみてくださいね。